>>応援及びご意見はこちらからお寄せください<<
 
 
 
鎌倉市議会議員 前川あやこ
鎌倉市議会議員 3期目 無所属
2005年初当選 前鎌倉市議会副議長・議長
教育・子どもみらい常任委員
議会広報委員 政策法務研究会メンバー

 いつでも どこでも 誰とでも 話し合う 皆さまの力

 市議会議員の役割は、市の課題を市民に届け、市民の声を聞き話し合い、市民の希望を行政に反映させること。聞く力、話す力、まとめる能力が問われます。
 それは市議会の中でも同じことで、鎌倉市議会議長を務めた今期は、とりわけ議会の声をまとめ円滑な運営に努力いたしました。
 鎌倉の魅力は、鎌倉らしい暮らしの文化。歴史と自然、人の絆を育むのも、話し合う力です。私のモットーである「和をもって尊しとなす」も鎌倉の暮らしの文化そのものです。
 私が市議会議員になったのは、子ども達の教育のため。鎌倉の文化の中で、鎌倉市民として鎌倉を愛する市民に育って欲しいからでした。子どもは親の宝であると共に、地域・鎌倉の宝。皆の宝を育てるのに、皆の力を結集する「共育」がテーマ。
 今期は小中連携一貫教育を実施にこぎつけ、中1ギャップの解消に務めました。中学校給食もH29年11月からの実施を決めました。これからは不登校・いじめ防止のために一層の努力をしたいと思います。
 さらに子どもたちの将来のために、健康で生活するための体力づくり。福祉、若者との連携、鎌倉産業の発展、そして全ての基本となる安全なまちへ、防災にも力を入れてまいります。
 
歴史、自然、文化、鎌倉らしい子ども達の教育
 いじめや不登校、そして災害の恐れ。恵まれているように見える子ども達にも、現在の社会の中で彼らなりの成長の難しさがあります。自然と文化のまち、鎌倉ならではの教育で、心豊かな子ども達を育てましょう。
  今期の実績
●小中連携一貫教育、H28年度4月から実施
●中学校給食(H29年11月から)に地元食材の使用を要望
●スクールアシスタント増員で全小学校に配置
●情緒通級指導教室今泉小に設置。次校開設を要望
●特別支援学級の全小学校配置を求める
●全小中学校のトイレ改修、順次進行中
●放課後子ども教室2校実現。さらに全校実施要望


今後の課題
◯スクールバディ制でいじめ・不登校防止
○ 沿岸の小中学校全員にライフジャケットとヘルメットを
○ SC、SSW増員、不登校・いじめ専任教諭の配置
○ 学童保育のさらなる充実
◯小学校から鎌倉の歴史を教えよう
◯2校目の情緒通級指導教室開設を

様々な今後の課題

優しいまち、子育てしやすい鎌倉を目指して。
・待機児童解消に鎌倉地域に保育所建設
・元気で長生き、子ども達に「健康教育」
・小児夜間病院(救急)の開設
・休日開業、障がい児も受診可の歯科診療所整備
・障がい者就業支援、障がい児の支援を
・産後のケアもする助産院の整備を

若者からご高齢者まで、共に活躍するまちへ。
・青少年会館の時間延長で青少年の居場所づくり
・老人センターを利用して多世代交流の場を
・鎌倉ならではのキャリア教育の充実

災害多発時代に備えて、安全安心なまちを。
・緑の整備で崖地対策を
・インフラ整備補修のスピードアップ
・沿岸の子ども施設にライフジャケットを用意
・教育委員会の防災マニュアル更新

産業、施設に支えられる文化のまち鎌倉を。
・鎌倉漁業のために船揚場建設を急ぐ
・深沢のJR跡地に400mトラックを
・新ごみ処理施設の建設
・鎌倉を俳句で世界文化遺産に
・ふる里鎌倉を深く知る地域学の普及
・空き家対策とその活用

前川 あやこ
当サイトで掲載されている記事、画像は一切の無断転載、二次利用を固く禁じます。
Copyright (C)www.maekawa-ayako.net All Rights Reserved.